国領セントラル眼科 03-5761-4601

緑内障手術について

〒182-0022 東京都調布市国領町8-2-64 イトーヨーカドー国領3F

国領セントラル眼科

国領セントラル眼科

03-5761-4601 業者様お問い合わせはこちら

イトーヨーカドー国領3F
土日祝も診療 日曜日各種手術対応 白内障/硝子体手術/緑内障手術
地域のみなさまの「ホームドクター」としてお役にたてる眼科を目指します。

緑内障手術について

緑内障について

緑内障とは、網膜の神経(視神経)がダメージを受けることで、視野が徐々に欠けていく病気です。日本人では40歳以上の20人に1人が緑内障と言われており、日本における失明原因の第一位の病気です。一度かけた視野は元に戻すことはできません。自覚症状が少なく、気づかないうちに病気が進行していくことが多いため、40歳を過ぎたら一度眼科で診察を受けることをおすすめします。

緑内障は、眼球の圧(眼圧)を下げて視神経に対する負担を減らすことで、進行が抑えられることが分かっています。 眼圧には、眼の内部にある水(房水)が大きく関係しています。房水は毛様体という組織で作られて、虹彩の裏を通って前房に至り、線維柱帯を経てシュレム管から排出され、眼外の血管へ流れていく、という経路で循環しています。房水の産生量と比べて排出量が少ないと、眼圧が上昇して視神経が障害されやすくなります。

人間ドックで「高眼圧症」「視神経乳頭陥凹拡大」という結果が出た方は、一度眼科で精密検査を受けることをおすすめします。

緑内障による視野のイメージ ※右目で表示

  • 緑内障初期
  • 緑内障中期
  • 緑内障後期

緑内障の治療

◎薬物療法
主に点眼による治療です。
緑内障の程度によって、様々な種類の点眼薬を組み合わせて治療を行います。
◎手術療法
緑内障のタイプや進行程度によって、手術方法が異なります。
線維柱帯切開術
房水の出口(シュレム管)の手前にある、房水の流れ道の中で最も抵抗のある組織(線維柱帯)を切開する手術です。
線維柱帯切除術、エクスプレス®挿入術
房水を眼の外に逃がす道を作り、眼圧を下げる手術です。

手術までの流れ

1検査
虹彩の状態、網膜や視神経の厚み、白内障の有無、視野などの検査を行います。
問題がなければ手術日を決定します。
2点眼
手術日の3日前から抗菌の目薬をさします。
3術前精密検査
手術に必要な検査を行います。
4手術
手術は30分から1時間程度で終了します。(原因となる疾患により時間は変動します。)
5帰宅
手術後、体調が落ち着きましたら、お付き添いの方と一緒に帰宅していただきます。

手術後の注意点

日帰り手術は、術後の注意点を守ってさえいれば比較的自由に日常生活をすることができます。しかし、目の中の手術である以上、感染症など術後合併症が起こる可能性もありえます。手術前にスタッフより説明いたしますので順守していただきますようお願いいたします。

  • 手術当日はご自宅で安静にお過ごしください。
  • 手術当日は、できるだけご家族のお付き添いをお願いします。
  • 当日と翌日は、ご本人の運転による来院はお控えください。
  • 手術後は一定期間点眼薬を継続していただきます。
  • 手術術後は定期的な診察が必要です。
  • 眼の中に細菌が入らないようにするために、術後約4-5日は洗顔と洗髪を控えていただきます(首から下の入浴・シャワーは可能です)。

費用について

一般的な場合は、保険診療にて手術可能です。
病気の度合いや治療方法により異なります。詳細は診療時にご説明させていただきます。